もりえのブログ

永遠にくだらないことを追い求めて続けていきたいです☆これからもよろしく♪♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回に続き、『オトナの常識』より。



こんな大人になってはダメ!!
「大人になれ」と言ってきたが、こんな大人にはなってはダメ!
今日もどこかで見かけたでしょう?


●例えば電車で

・荷物を投げてまで席を取る大人←見たことない。

・あくびをするとき「あ~」という大人←オヤジ限定。


●例えばレストランで

・伝票の奪い合いをする大人←あるある。オバさんに多い。


●例えば酒席で

・自分が青春だった時の歌しか歌えない大人←私も。

・病気自慢合戦をする大人←あるある。





もっと『なってはいけない大人』はたくさんいる気がする…。

これくらいいいじゃん。って思うのは、やはり私が若者だから…??


因みに、バイトしている喫茶店で、伝票を置いた瞬間に、カルタみたいにスパッと取り合うおばさん達が居る。

そして、カバンの中にしまったり、お尻の下に隠したり…。

落ち着いたかと思いきや、レジ前で再戦。

そして戦いの末、勝者からくっしゃくしゃになった伝票が手渡される。

個人的には見ごたえがあって、なかなか楽しい。






ランキングに登録しました!
↓良かったらアクセスしてくださいませ。



スポンサーサイト
某地域の成人式で配られた『オトナの常識』という一冊の本。

冠婚葬祭やビジネスなどの常識を新成人に伝授してくれる、為になる本。



かと思いきや!!!



最後の方のページが大変いい加減だったので紹介します。





オトナの必須アイテム
~これらをひとつひとつ集めていく旅。それが人生~


①一生一人で抱えていく秘密

②美しい思い出

③優しい嘘←大人だね

④「いつもの」が通用するバー

⑤ワインオープナー(缶切兼用は不可)←厳しい

「そういう関係」にはなり得ない異性の友人←「そういう関係」(笑)

⑦この本←いや、別になくても…



これが『人生』だそうです。



あなたはいくつ持ってますか?

私は②と⑥だけなので、私の人生の旅は、まだまだ序盤のようです。



次回に続きます。



ランキングに登録しました!
↓良かったらアクセスしてくださいませ。

トラックバックテーマ:『何の動物に似ているって言われる?』に挑戦。



よく似ていると言われる動物は、コアラとパンダ


意外に奴らの目は凶暴。あなどれぬ。

因みに子パンダらしい。

まぁ大人のパンダは、20歳の女の子を表現するには存在感あり過ぎだからね。

私を知らない方々は、是非想像してみてくださいませ。





母には『ナマケモノ』に似ていると言われた。

しかも、テレビでナマケモノの映像を見ながら言われた。

いや、貴女様にだけは言われたくないよ、と思う。


因みに母は、 『冬眠明けの熊』 か 『眠っているトド』 がピッタリだと思われる。


ついでに家族紹介をすると、

父はゴリラ 、弟はやはりパンダだと思う。 
親戚のおばあちゃんのお家にかかってきた電話。

「もしもし?おばあちゃん…??俺だけど…。」

と不安そうな声。




はい!来ました!!オレオレ詐欺!!




そして不安げな声に対しての、おばあちゃんの第一声は



「たぁちゃんかい??」





はい!ひっかかっちゃいました!!





どうやら『たぁちゃん』は、浄水器の販売をするアルバイトをしていて、トラブルに巻き込まれてしまい、

どうしてもすぐにお金が必要なのだそうです。

そして、「お父さんにもお母さんにもそんなこと言えなくて…おばあちゃん助けて…」と懇願。





それに対しておばあちゃん、


「おばあちゃんは内緒でお金をあげたりできません!!


お父さんとお母さんに謝って相談しなさい!!」



と一喝。






『たぁちゃん』は逆切れして、「うるせぇよ!!」と言い放ち、電話を切った。



その後おばあちゃんは

「何てひどい言い方をしてしまったのだろう…。困ってはいないだろうか…。」

と一人思い悩み、たぁちゃんの両親に連絡。

そしてビックリした両親は学校に連絡。

真面目に授業を受けていたたぁちゃんは職員室に呼び出され、

「あんた、浄水器のアルバイト、どうしたの!?」と問いただされた。




たぁちゃん:「…それ…オレオレ詐欺じゃね?」




たぁちゃんの無実は証明され、めでたしめでたし。



因みに『たぁちゃん』は、4/24の「な・や・み・む・よ・う」の彼です。

数ヶ月前のある日の昼過ぎ、母が洗濯物を畳んで、立ち上がろうとしたその時!!

足が痺れて感覚がなく、グリッと捻挫した。



痛くて立ち上がれない…と倒れていたら、知らぬ間に眠ってしまい、目覚めたのは夕方。

「しまった!昼寝しちゃった!」(←捻挫を既に忘れている)と立ち上がったら、

足が痛い!!と、昼過ぎの出来事を思い出す。



壁などを使い、何とか電話まで辿り着き父に電話。

そして、足を引きずりながら向かった先はまさかの駐車場。

自ら運転して病院へ。
 やめてくれ!!!



因みに病院では「どんな靴を履いていましたか?」と聞かれ、

「裸足でした。」と答えたら、

「裸足ねぇ…裸足!?」と言われて若干恥ずかしかったらしい。



例の家族法の先生


「法律は血も涙もないっていう印象を持っておられる方も多いですが、

法律には愛とか恋が多分に含まれております。


故意とかね。」



なんかセンスあるな。この人。
最近、彼氏に

「今、何時?」

と尋ねると、



「そ~ね、だいたいね~~♪」

(『勝手にシンドバッド』より)



と答えてくれる。





知らぬ間に二人の間のルールになってしまったので、時間をきかれたら必ず


「そ~ね、だいたいね~~♪ (真顔で)3時10分です。 」


という感じに答えなくてはならない。




普段は愉快だが、

本当に早く時間を知りたいときにはちょっとイライラする所が難点。






ランキングに登録しました!
↓良かったらアクセスしてくださいませ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。