もりえのブログ

永遠にくだらないことを追い求めて続けていきたいです☆これからもよろしく♪♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
駅のエスカレーターにて耳にした、女子中学生の会話より。


「私ってマジ、罪作りな女だよね~。」



中学生にしてこのセリフ…。

この子の将来が心配です。


そして、その言葉を聞いたお友達がものすごくどうでもよさそうな返事をしていたので、彼女たちの友情も心配です。
スポンサーサイト
幼稚園の頃、決して先生に怒られるタイプではなかった私が、唯一怒られた話。


幼稚園の行事で、大根掘りがあった。

園児は好きなものを選んで一人1本掘って良い。




もう想像できるだろうが、私は掘りまくった。



どうしてこういう事になったのか不思議だったが、最近になってふと理由を思い出した。

確か友達の一人が掘った大根が小さくて泣いていた。

私は、 「じゃあ、それはもう一回埋めて、新しいのを掘ろう」 と提案。


さすが優等生!!

最初は友達の為だった!




しかし、『人の為』だけで収まらないのが幼稚園児。

私は次から次へと大根を掘り、比較し、小さい方を埋め続けた。

知らぬ間に周囲の友達も同じ事を始めて、あっという間に畑は荒れた。



その直後の事は覚えていないが、

園に帰ってから友人数名と一緒に並んで、すごく怒られた記憶がある。

もちろん私が首謀者として。



『先生』からあれだけ叱られたのは、私の人生では1度きりの体験だったと思う。



大学で、教養科目としてツーリズムの授業を受けている。

先日は、江戸時代の観光ガイドブックと言える一冊の本が紹介された。

そこには、 「旅の途中、熊に襲われたら逃げなさい など、旅に必要な(?)知識が載っているらしい。



そして、注目すべきは、 「船酔いをした時の対処法」 。




ずばり、 

「子供のおしっこを飲みなさい。


 子供がいなければ大人でも可。



  さもなくば即死。」



という恐ろしい内容。


人間、「死ぬぞ」と言われたら何でもする。

少なくとも私ならする。

「この程度なら…」と思ってしまう。

「10日間寝込む」くらいなら選択の余地があるが、「即死」と言われれば頑張るしかない


江戸時代ではきっと多くの人が吐き気に耐えながら頑張ったんだと思うと胃の辺りがキューッとなる





最近すっかり忘れてたランキング!
↓良かったらクリックしてくださいませ。




母は私以上のぽっちゃり体型。

まぁ、はっきり言ってしまえばオデブさん。

そんな母が最近始めたのが、今流行の「朝バナナダイエット」

朝ご飯をバナナと水にする、というシンプルなダイエット。

本人曰く、暴飲暴食をしても、これを始めてから全然太らないんだとか。




先日実家に帰ったところ、朝7時、ジャム・バターたっぷりのトーストを食す母に遭遇。


「あれ?朝はバナナじゃなかったの???」


と尋ねると、母は自慢げに



「バナナを食べたらその後は何を食べてもいいんだよ!」






出た!!自己流ルール!!!




「でもお母さん、普段は朝食はトースト1枚しか食べないんだから、


バナナは明らかに余計
じゃない??」




と、ツッコむと、




「いいんだもん。こういうダイエットなんだもん。」




こうして確実に胃が大きくなっていく、母なのでした。
聞き間違いでおなじみの、友人Yちゃんのお話。


とある日、百円ショップのレジでお会計をしようとした、そのとき!!



前に並んでいた子供(推定5歳らしい)が、会計を終えたばかりのタモでYちゃんを






捕ったどー!!!!



頭から捕ったどー!!!!









お母さんは気づかず出口へ向かっており、その子はニッと笑うと母のもとへ走って行ってしまった。



笑いを堪えるレジのお姉さんと後ろに並ぶお客さん達。




気まずい空気の中、被害者のYちゃんは逃げるように店を出たという…。









その翌日。

その日は雨が降っていた。



マックで並んでいたら、ふと足が冷たくなっていくのを感じたYちゃん。




足元を見てみると、またしても子供(推定5歳)が、




傘から滴り落ちる雫を、Yちゃんの足に

ポトッポトッと落としていたのである。




真剣な顔つきで。





いたずらされやすい人間っているんですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。